医療脱毛なら池袋! › 未成年の医療脱毛について

未成年の医療脱毛について

池袋は脱毛サロンの激戦区のひとつ。
レーザー脱毛の効果や、コストなど情報が得やすくなっているということもあって、池袋に遊びにくる高校生たちティーンエイジャーにとっても、脱毛は興味津々の話題のひとつです。 むろん、思春期は、ことさらに毛深さなどを気にするお年頃ですから当然です。
しかし、未成年でもレーザー脱毛はできるのでしょうか?結論から言えば可能です。
ただし、未成年にとっては高価な施術ですし、クリニックと患者さんの契約的な関わりというのもあって保護者の同意が必ず必要になってきます。

クリニックによっては、親権者や保護者の同意書とともに、直接、来院をもとめ、かつ、親権者や保護者の身分証明書の確認まで徹底するところもあります。

これは、施術料のとりはぐれを防ぐという意味合いももちろんあるでしょうが、未成年という立場をおもんぱかってのことのほうが強いはずです。
レーザー脱毛は医療行為ですし、少なからず身体にダメージを与える可能性をはらんでもいます。
そこを自己責任で脱毛してもらうという部分も大きく、未成年はまだそこまでの責任を負うにはいたっていないということです。

それでも、単なる見てくれだけの話ではなく、毛深いことに非常に悩んでいるという場合、成年に達していなくても、レーザー脱毛で、脱毛することは物理的には可能です。
もし、真剣に脱毛をしたいと悩んでいるのならば、まずは両親に相談してみましょう。
また、直接、これはと思うクリニックに「高校生なんですが...」などと申告しつつ、相談するのもいいかもしれません。
類似のケースなど実績もあり、保護者の方への相談の仕方をアドバイスしてくれる可能性もあります。
逆に、池袋界隈などで、若者相手に両親の承諾不要で、低コストで脱毛施術するサロンがあったとしても、保護者の同意をきちんと謳っていないところはかえって注意が必要と認識しておいたほうが安全です。
美しくなることを求めて脱毛をしても、結果自分の身体を傷つけてしまってはもともこもありません、冷静に考えて行動しましょう。

女性画像